脇の黒ずみを消す方法 > 脇のかぶれ

脇のかぶれ

脇のかぶれ

脇の下の皮膚はとてもデリケートです。脇の脱毛などの刺激で、かぶれをおこすこともあります。
脇の下にかぶれなどができた場合は、放っておかずすぐに病院などで診てもらいましょう。脇の下のかぶれをそのままにしておくと、どんどん悪くなることが多いです。脇の下は汗をかきやすく、蒸れやすい場所で、通気性が悪いためにトラブルがおこると治りにく場所なので、悪化させてしまうこともあります。脇の下のかぶれは色素沈着をもおこしやすいので、後々大きなシミになって残ってしまうことがあります。
小さなかぶれなどもそのままにしておかず、すぐに皮膚科やクリニックなどで処置してもらいましょう。
かぶれなどが出た場合は、黒ずみケアなどのお手入れは控えましょう。ローションやクリームなどは悪化させてしまうこともあるので、赤みやかぶれ、痒みがある場合は使用を中止して下さい。

脇の下トラブル

脇の下の皮膚はトラブルをおこしやすい場所。
かぶれなどもその一つですが、脇の黒ずみ以外にも、ブツブツなどができやすいので、注意しなければいけません、特にムダ毛を抜いている人は、かなり皮膚はダメージをうけています。毛を引っ張ることで途中できれてしまったりすることもあり、毛穴の中で毛が埋まる埋没毛という皮膚トラブルなどに悩んでいる方もいます。こうなってしまっては、膨らんだ毛穴の中の毛を取りださないといけないので、毛穴のほじくらなけばいけません。
しかし自分で針などで毛穴のほじくったりすることで、さらに出血や細菌感染などのトラブルを招いてしまうこともあります。この場合も必ず自分でせず、病院で処置してもらいましょう。毛抜きは色々なトラブルを招く恐れがあるので、絶対に使用せず、早めに脱毛に通いましょう。
肌が弱い方は特に毛抜きは危険なので、家でどうしても処理が必要な場合は除毛クリームなどの使用をおすすめします。